「消費税の増税はいらない」は本当なのか?

消費税の増税は必要か?株と経済

この経済学者が言ってる消費税の増税は今必要ないには同意できる。いつかは必要になる時はくるかもしれないけど。そもそも消費税ってインフレを抑制するためのものなんじゃないの?まず日本は抑制しなきゃいけない程のインフレになってない件。

増税って分かりやすく言うと父親(消費税)が調子に乗ってる子供(日本経済)にゲンコツしておとなしくさせるみたいなの似てるような気がする。ただ実際はその子供(日本経済)は調子に乗ってたわけではなくては少しはしゃいでるだけ(少し景気が良い)だったのでゲンコツされた子供は落ち込んでしまう。(景気が悪くなる)。そして傷ついた子供を励ますのに何倍もの時間がかかる・・。

本来ならこれをインフレ時にするとインフレ抑制対策に有効だけど、日本では政府主導と日銀主導でインフレにするように頑張ってるんじゃなかったけ?というか時期尚早だよね。消費税を今更3%上げたくらいでは日本の財政にたいした影響はないし、国際社会の信任とかいう謎の評価にも一切関係ない。上げるデメリットを考えたら今は上げるべきじゃない。特に日本人ってさ他の人種よりも不安に対する感度が高いんだと思うんだよね。とにかくお金をたくさん使う事に抵抗ある人って日本人にはたくさんいるんじゃないかな。昔は違ったんだろうけど長く続いたデフレでそれがより強化されたみたいな。

だから増税が近づくとする前からすでに節約モードに入って、そして増税後には消費が大幅に落ちる。しかも消費を増やせない要因が将来の年金不安などでそれに対して国も解決策がないから多くの人はお金を使う気にならない。お金を使いたいムードがないのに消費税を上げるって正気ですか?

公共事業に金を使え

これには全く同意できない。今更感が半端ない。確かに橋の修繕や道路などのインフラは長く使うのでそこに金を使えばまだ悪くはないんだろうね。でもアメリカと違って日本はこれから人口が減少していく予想なのに新しく作ればさらなる維持・管理する費用が必要になって、将来の負担になるじゃん。そして日本の場合はこういう政策をすると間違いなく無駄な建物を作ったりして金の無駄遣いになるだろう。それだったら大学の完全無償などやる方が未来への投資と言う意味でははるかに良い。

財政赤字が増えても国が破たんする事はない

確かに自国通貨が発行出来て、発行されてる国債もほぼ日本人が所有してるので日本は破綻はしないんだろうね。でも言っとくが借金が増えすぎれば必ずインフレは起こる。そうじゃないと自国通貨を発行できる全ての国は消費税や所得税を取る必要がなくてガンガン紙幣発行してハッピーになるじゃん。これ説明できる人いるの?

もちろんとんでも理論のハイパーインフレが起こる~なんて事言うつもりはないけど、インフレが起きれば当然預金口座に入ってるみんなの大事な資産の価値は減る。日本人は預金大好きらしいし。そしてインフレが起これば当然国の借金も減るよね。だってお金の価値が目減りするんだから。でも結局これって言葉遊びで「日本は財政赤字増えまくっても破綻しないよ!(ただしインフレは起こるので最終的には日本国債を持ってる国民がインフレ税のような形でそれを負担する事になるけどよろしく!!)」

日本の国債は低金利でほぼ日本人しか持ってない理由を考えて見れば分かるよね。日本人は自分が住んでる日本が大丈夫って事を疑わないから低金利でも国債を買い続けるけど、はたして外国人はこの低金利で日本国債を買ってくれるの?俺はそうは思わない。誰が他人の国の国債を低金利で買うの?自分の身になって考えて見たらすぐ分かるよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました